TOPページ > 米国救急医とのER研修

米国救急医とのER研修



 日本の救急医療体制は、1次 (軽傷:帰宅可能)、2次(重症:入院が必要)、3次(重篤:高度な医療が必要)救急のように重症度によってうけいれる対応する医療機関が 異なります。北米でのER型救急システムとは、ドラマ「ER」で知られているように救急医がすべての種類の患者の初期治療を担当し、必要に応じて各専門医師へ引き継ぎ、入院や手術等の治療は各科に委ねる、という体制で診療が行われます。

 日米のシステムには、異なる利点があり、それぞれの歴史を反映しています。日 本の救急医療は、重症外傷患者への対応の必要性から発展しましたが、今日では人口の高齢化に伴う救急患者の増加が大きな課題です。今後は 米国型ERの良さをとりいれた、「日本型のER」を構築することが必要と考えられます。

 そこで、これからのER指 導者の養成のため、米国の第一線で活躍中の救急医を招いての臨床の指導およびセミナーを2014年10月から、大阪警察病院、多根総合病院、大阪府立急性期・総合医療センターと共に行っています。

 定期的に、臨床研修医、医師、看護師、医療スタッフを対象に講演、症例検討会等を行っております。  奮ってご参加くださいますよう宜しくお願いします。

お問い合わせは
『見学および研修のお問い合わせ』
または
大阪府医療人キャリアセンター事務局(E-mail: omscc@gh.opho.jp)

 次回 ER 研修の詳細はこちら➡第7回

以下は終了しました。
第4回 第3回 第2回
第1回 history history